地球のうらからこんにちは

地球のうら

2006年現在,愛知県の小中学校には2700人以上の外国人児童生徒が在籍しています。本書は,外国人児童生徒の中でも愛知県内で最も在籍者数が多いブラジル人に焦点を当て,ブラジル人児童と日本人児童がお互いの文化を学び,相互理解を深める一助となることを願って作成しました。また本文では全ての漢字にルビをつけるとともに,ポルトガル語訳も併記しており,日本語が堪能でない子供たちも利用できるよう配慮しました。

著者 岡田 安代
発行日 2006.3発行
定価 非売品
カテゴリー 教育 / 国際理解教育

前の記事

FD③ 理科研究A

次の記事

大学生がやってきた!