外国人児童生徒のためのさんすう文章題(4~6年生) 

外国人児童

日本語を母語としない子供達の日本語の習得は,日常言語の範囲では比較的早くスムーズに行われるようですが,学習のための言語能力が一般の児童と同様のレベルに達するには,更に5,6年の学習が必要と言われています。教科の中で算数は子供の発達上積み残すことのできないものです。そこで,今回日本語の力が十分でない段階の子供でも取り組むことのできる算数文章題の問題集を刊行しました。

著者 岡田 安代
発行日 2006.4発行
定価 非売品
カテゴリー 教育 / 国際理解教育

次の記事

ファブリック!In life